住宅購入のポイント

買ってよかった その想いのために

人生で最も大きな買い物と言われる「住宅購入」。多くの方の場合、一生に一度の大イベントです。

アイムホームでは、さまざまな住宅購入方法を検討し、お客様の大切な住まい選びをサポートいたします。

住まいを買う、パターンいろいろ

相続や賃貸を除き、お客様が住まいを手に入れるには、大きく分けると以下の2パターンがあります。

  • 新築住宅を購入
  • 中古住宅を購入

新築住宅の場合、さらに条件が2つに分かれます。

  • 建売住宅を購入
  • 土地を購入し、そこに住宅を建設する

また、土地を購入して住宅を建設する場合、販売条件により2つに分かれます。

  • 「建築条件有り」の土地を購入し、土地売主が紹介するプランで建築
  • 「建築条件無し」の土地を購入し、自分が選んだハウスビルダーに建築を依頼

お客様のご購入計画により様々な選択肢があります。

建売住宅

建売住宅は一般的に「販売する土地に完成した建物を建ててある状態で売られるもの」です。多くの場合、すでに完成している新築物件があるため、建物の仕様変更はできません(一部、建築途中の場合、間に合えば壁紙などの変更ができる場合も)。

売り手側の標準仕様に基づいて作られた住宅のため、一般的な家族構成(父、母、子2人)などの場合に住みやすい間取りが採用されています。特に分譲住宅の場合、複数棟を一括して建てるため、設計費用が抑えられたり資材手配も安価に行えることなどの理由で注文住宅を建てるよりも安価に紹介されています。

以下の条件に当てはまる方にお勧めです。

  • 物件を見て、入居後の住まいの利用方法が明確にイメージできる
  • 自分で新築プランを作るのは難しい
  • 新しい土地での生活、同じ時期に暮らし始めた近隣の方と仲良くなりたい(分譲の場合)

おすすめ新築・分譲物件

項目が見つかりません

注文住宅(フルオーダー、セミオーダー)

フルオーダー(完全自由設計)

間取りや使用する部材などを設計士と相談しながら1から決めていくのがフルオーダーです。細かな点まですべて決めることができる反面、プラン作りに多くの時間を要します。

土地を購入してから建設プランを策定することになるため、建て始めるまでの時間がかかりすぎると「買ったのに住めない」という状況になることも想定しておく必要があります(現在の住宅の家賃と新居の住宅ローンを同時に支払う時期が延びると大変です)。

セミオーダーではできないこだわり設計にも対応できることから主に「建築条件無し」の土地に建設することが多いようです。

以下のような場合、フルオーダー建築がおすすめです。

  • 建築条件無しの土地が手に入れられる見込みがある
  • 住宅展示場などで気に入ったプランを見つけ、それで建築したい
  • プランを実現するための資金計画も万全だ
  • どうしても建売やセミオーダープランでは実現できないプランがある

セミオーダー(規格住宅)

ある程度の事前に用意されたプランの中から仕様の基本部分を選び、その中で内装、外装、設備などを選択して作るのがセミオーダーです。

フルオーダーと比べると若干自由度は下がりますが、そのぶん費用を抑えることもできます。事前に用意された間取りパターンや構成などについても、使いやすく人気のあるものから選ぶことができるので住みやすい家にすることができます。設計にかかる時間もフルオーダーよりもはるかに短くできます。

アイムホームの注文住宅では、間取りや据付設備も使いやすくデザイン性のよい組み合わせてプラン設計できる標準仕様書を用意しております。取り入れたい機能や費用などに合わせてお客様オリジナルのプラン設計が可能です。

以下のような方にセミオーダープランがおすすめです。

  • 土地購入から建築まで、一つの業者にお任せしたい
  • 外壁や内装、設備など、どうせなら自分で気に入るものを選びたい
  • 間取りや設計など、基本的な部分については専門家に任せたい
  • 土地購入~住み始めまでの期間を極力抑えてこだわりの新築を建てたい

注文住宅におすすめの土地

日高市上鹿山売地

土地

日高市高萩売地

土地

日高市高萩売地

1100 万 円
2週間前
日高市久保売地

土地

日高市久保売地

700 万 円
2週間前
日高市栗坪売地

土地

日高市栗坪売地

1580 万 円
2週間前

中古物件

中古物件はその名の通り、「以前お住まいになっていた方の家」をそのまま土地とともに購入するものです。
土地の実勢価格に合わせて、そこにある建物の残存価格を合わせた価格設定となります。

購入時に気になる点については購入後にリフォームなどを行えるため、費用を抑えて自分らしい家にしてから住み始めることができる点が魅力です。
最近では骨組みだけを残した状態でフルリフォームすることなども多く、土地の条件などを優先してお買い求めになる方も増えてきました。

なお、中古住宅の場合、ほぼすべての場合で「現状渡し」となるため、気になる点については事前に物件をよく見てリフォーム・修繕プランを併せて検討するとよいでしょう。

以下のような条件に当てはまる場合、中古物件はおすすめです。

  • 費用を抑えて住まいを手に入れたい
  • どうしてもその物件のある場所に住みたい(新築ではなかなか出てこない土地条件に位置する物件である)
  • まずは中古で住んで、子どもが巣立った後、老後を快適に過ごす平屋に建て替えるなどの計画がある

現在取り扱い中の中古物件

項目が見つかりません

土地の「建築条件 有り・無し」とは?

新築用地を探しているときによく見かけるのが「建築条件有り」や「建築条件無し」の表示。
これらは具体的にどのような意味合いで表示されているのでしょうか。

建築条件付きの土地

建築条件付きの土地の場合、土地を購入する際に売主が指定する業者で家を建てることが取引条件となります(建築開始までの期間の定めがあります)。多くの場合、土地に合わせた参考建築プランが用意されているため、そのプランをもとに計画を立てていくことになります(セミオーダーに近い状態です)。建築プラン策定の際にライフライン計画や土地の評価をしっかりと行っているため、安心感の高い土地であるとも言えます。

費用的には、売主は「土地代金+建築予定の住宅建築費用」を考慮して土地の販売価格を決めているため、建築条件無しの土地よりも安価に手に入れることが多いようです。

多くの場合、契約時に定められた期間内に建築開始とならない場合、買主(お客様)側に「契約不履行」としてペナルティが発生することも念頭に建築計画をスピーディに進める必要があります。

建売と違い、購入後に住宅の建設が始まります。建築途中の工事状況なども自分の目で見ることができるため、契約通りの家が建てられているかを確認することができます。

建築条件がない土地の場合

建築条件が無い土地の場合、土地の購入後にハウスビルダーを自分で手配することになります。土地購入後に建築プランを正式に計画することになるため、あらかじめお気に入りのハウスビルダーに「この広さの土地の場合はこのように建てたい」などと事前に相談しておくとよいでしょう。

建築条件がない土地の場合、ほとんどの場合で「建て始めるまでの期間の定めがない」ことから、将来に向けた用地確保として土地を購入する場合にも選ばれます。更地として保有しておき、自分のタイミングで建設を開始することができます。

自由なプランで建築できることや、いつでも好きな時期に建てられるというメリットがあるものの、売主側は建築での利益を上げることができないことを加味して土地価格を設定している場合もあります。

古家付の土地を購入する場合

建築条件の有無の他、「古家有り」と記載された土地もあります。

区画内に住宅が存在しているのに「土地」として売られている土地がこのように言われています。このような物件は、建物はついているけれど、解体して建て替えることを前提とした物件です。古屋の状態を考えると立て替えてから住むのがベスト、というものです。

古家付土地の場合、再建築のために古家を撤去する費用については土地購入者の負担となるため、その費用も考慮する必要があります。まれに「古家付更地渡し」などの場合は契約後に売主が更地にして引き渡します。

では、このような土地の場合、「その古家を解体せずに修繕してから住みたい」という場合はどうなるのでしょう? 実は、契約時に「古家を撤去して更地に戻してから再利用のこと」などとなっていない場合は住むことも可能です。ただし、解体することを前提にしている古家なので、それなりのダメージがあることが考えられます。一切の保証がないことを理解したうえで利用することになります。

ライフプランをしっかりと

間取りを選ぶ前にはっきりとさせておきたいのが「どのように家での時間を過ごしたいのか」という点です。

先に間取りや部屋の構成を考えてしまうと「間取りに合わせた生活スタイル」になってしまいます。

例えば二階建てに祖父・祖母・父・母・子の5人で暮らす、と考えた場合、「1階は家族が集うリビングを広めに、祖父母の足腰を考えて二人の寝室は1階に、父・母・子のそれぞれの部屋は2階に」のように間取り検討の基となる条件を決めます。
そのあとに構成に合わせた間取りを考えていきましょう。

この例の世帯構成の場合、1階にはリビングと祖父母の部屋、2階には父・母・子の部屋を、と考えるのが一般的ですが、将来的な利便性を考えて、1階にもう一部屋増やし父または母の部屋を設置するのもよいでしょう。

まずはご相談ください!

住宅購入や住まいの新築には様々な検討事項があります。

私たちアイムホームでは、これまでの不動産売買の実績と経験をもとに、お客様に最適な住宅購入プランをご提案いたします。

ご不明点などありましたらお気軽にいつでもご相談ください。

比較

Enter your keyword